タクシーの上座、御社と貴社の違いは…アラフォーなら知ってて当然の「ビジネス常識」。本当に知ってる?

ビジネス

citrus 編集部

基本的なビジネスマナーは身に着けたつもりでも、実は勘違いしていたり、知らなかったりすることも多いものです。今さら聞けない基本知識から、ワンランク上をいく新常識までをまとめました。

 

 

 

「御社」と「貴社」は、どちらも相手の会社を敬っているときに使う表現。だが、同じ意味であるからこそ、どんな風に使い分けたらよいのか知っている方は意外に少ないのではないだろうか。

多くのビジネスパーソンが悩みがちな敬語への疑問。では、「存じる」と「存じ上げる」の使い分けはできますか?間違いがちなメールのマナーについてもご紹介します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

たしかにマナーの一般常識では、タクシーの上座は「運転手の後ろ」です。ただし、「運転手のななめ後ろ派」つまり開閉するドア側を上座としてすすめることも、間違いではないと私は考えます。

一般常識では「運転席の後ろ」となっているタクシーの上座。しかし、必ずしもその席がベストとは限りません。ルールに縛られずに相手を思いやる心が大切なのだとか。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

ビジネスでの訪問や、プライベートでのパーティなど、人を紹介する際の順序のポイントは3つあります。

 

まずは基本の「立場」から。ビジネスシーンなら、クライアントや下請け等、プライベートシーンなら友人、恩師、知人、恋人、家族……などを考え、立場が上である方に先に情報を与えてさし上げるのがマナーです。

人を紹介するときには「立場」を最優先で考えますが、もしあまり差がない場合はどのような順番がよいのでしょうか?2つのポイントを解説します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ