婚活女子に人気のスペック「年収1000万」「公務員」に潜むワナ

人間関係

citrus 編集部

結婚相手に望む条件として、年収1000万円、そして公務員や弁護士などの職業をあげる女性は少なくないでしょう。しかし高収入男性や公務員の男性と一緒になれば幸せになれるとは限らないのです。

 

 

 

■「希望年収1000万円」のワナと高年収男のホンネとは…

自分の力にゲタを履いた「魔法の1000万円」を得ている人の場合、高年収でも「本質的に仕事がデキる人」とは限りません。会社の肩書がなくなったとき、どうやって危機を乗り越えられる人なのかに注目するのも、相手を見極める一つの方法でしょう。

 

だからといって、「年収も能力も高くなければダメ」という考えも違います。上を見ればキリがありませんし、あなたも相手に何を提供できるか考える必要があるでしょう。

同じ年収1000万円でも、能力相応の人もいればそうでない人も…。そしてもう一つ、高収入男性は、その1000万円を「自分のお金」だと思うような女性を敬遠するのだとか。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>【働く女の「モテ道場」】婚活女子がハマりがちな「希望年収1000万円」のワナと高年収男のホンネを読みとく

 

 

 

 

■公務員といっても職種はさまざま。婚活のプロのおすすめは?

実際、真面目に働く会社員からしたら、そんな手抜き仕事しかしてないような男ってどうなのって疑いますし、一市民としても腹が立ちますよね(笑)。暇な公務員な方はご注意を!

  

個人的な意見としては、バリキャリ女性が狙い目なのは、ハローワークなどにお勤めの「準公務員」です。仕事が定時で早く終わるし、社会保障もバッチリ。家事や子育ての応援しやすい環境で、働く女性としては都合がいいんじゃないかしら。

公務員といっても「●●省」にお勤めの官僚から、都庁や県庁、市役所職員までさまざま。なかでも筆者がおすすめなのは「自衛官」なのだそうですが、その理由とは?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>「結婚相談所だと公務員が超人気」はウソ? 間違いだらけの公務員信仰【働く女性の“モテ道場”】

 

 

 

 

■資格別では医師に次ぐ2位。でも稼げない弁護士もいる!?

結婚したいランキング上位に入る職業は様々ありますが、弁護士や司法書士といった士業は相変わらずの人気を誇っています。その一方で最近は、「弁護士は稼げなくなった」「年収300万円以下の弁護士が大多数いる」と耳にします。

「司法試験にさえ受かれば安泰!」という時代はどうやら終わっているようで、弁護士が増えすぎている昨今、稼げない弁護士もいるのが現実なのだとか。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>「結婚したいランキング」常連の弁護士。実際、儲かっているんですか?

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ